2006年01月27日

1週間

060126_2312~01.jpg

あいが虹の橋を渡って1週間が経った。
「もう」1週間なのか、「まだ」1週間なのか。

日常生活は支障なく過ぎていく。
ちゃんと食べられるし、寝られる。仕事にもちゃんと行っているし、笑ったりもしている。
でも、ときどき、ふっとした瞬間にたまらない淋しさに襲われる。

あいのいない淋しさ。
あいのためにもうなにもしてあげることのできない淋しさ。
淋しくて淋しくて涙が止まらない。
あんなに小さなあいなのに、その存在感はとてつもなく大きいものだった。
一緒に過ごしたのはたった4ヶ月半だったけど、時間の短さに比しない密度の濃い時間を過ごせた。
あい。ありがとうね。

そっちはどうですか?楽しく過ごしてる?パパリンに甘やかされてる?
虹の橋の先は居心地いい?
ゆっくり休んでって言いたいところだけど、いいから早く生まれ変わっておいで。
パパリンなんか蹴りいれて(笑)、早く帰っておいで。
待ってるから。
ねぇねぇもママリンもあいにまた会えること、ずーっとずーっと待ってるから。
だから早く帰っておいでね。



posted by hal at 20:55| Comment(2) | わんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
淋しいですね、本当に…。
あいちゃんが幸福なコであったことは間違いないけれど、やっぱり淋しさというのはどうしようもなくありますよね。
ほんとうにあいちゃんはミラクルドッグですね。たった数ヶ月で人の心をわしづかみ!
そんで、その数カ月は、何年にも匹敵するものすごくこゆ〜い、素敵な時間だったんですね。
きっとパパリンに甘やかされているでしょう。TAMIさんのお父様ですから、これまたメチャクチャ動物が好きなんでしょうね〜。
もうちょっとパパリンといちゃいちゃしてもらって、で、生まれ変わってきてもらいましょう!きっとまた出会えますよ!

Posted by じいや at 2006年01月28日 12:32
じいやさん
本当にミラクル・ドッグですね(笑)
ママリンとも、今まで飼ったわんこの中でこんなわんこはいない。本当に特別な存在だったねと話しています。
パパリンは犬にも猫にも子供にも(笑)甘々な人だったので、あいを溺愛しているでしょう。
「あいちゃ〜ん、なに食べる?ラーメン?お父さんが作ってあげようね♪」って嬉々としている姿が目に浮かびます。
絶対抱っこして寝てるだろうし(笑)
再びの出会いを待って、がんばります(^^)
いつも本当にありがとうです。
Posted by TAMI at 2006年01月28日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。