2005年12月10日

月組リターンズ

本日、2度目の月組観劇。
芝居は脚本が変わっているはずもないので、相も変わらず内容はないよう〜ダッシュ(走り出すさま)
あれを一生懸命演じている生徒が本当に可哀相でならないもうやだ〜(悲しい顔)
妖精とか幕開きのダンスとか全部とっぱらって、アイルランドの孤児がN.Yに渡って、マクガバンの妨害に負けず、互いの絆で勝利を掴むっていう風にしたほうが、よっぽどお披露目らいしと思うんだけど?
あれを何十回となく観なければならないファンの方々に深く同情申し上げますm(__)m

ショーはやっぱり楽しかったるんるん
照明もキラキラ、セットもキラキラ、お衣装も豪華。これぞ宝塚っ!!って感じでいいわぁ〜揺れるハート
久しぶりに「嗚呼、宝塚の舞台を観たわぁ黒ハート」って気分になれる。
このショーなら通うことができるな。
ショーだけ半額でみせてくれないかなぁ。

越リュウの前髪は相変わらず、昔のビジュアル系(笑)
おまえは氷室か?と突っ込みたくなるようなお素敵さ(爆笑)
でも、越リュウって力持ちだねぇ〜。
あのあさこをリフトしてぐるぐる廻しちゃうんだもの(@@)
そりゃ拍手も起きますわ(笑)

そして、今回のヒットは、ひろみちゃんの「眉間の皺
いや〜ん、色っぽいのっハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
ひろみちゃんが眉間に皺を寄せて踊ってるのがたまらなくツボって、久々にオペラでピンポイント鑑賞しましたわ(笑)
う〜ん、いいもの見た揺れるハート

後ろのおばちゃまがしきりに「綺麗ねぇ〜揺れるハート綺麗ねぇ〜揺れるハート」と溜息交じりで呟いていたのが微笑ましかったです(笑)


posted by hal at 22:50| Comment(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。